沿 革
大正15年:大泉村地内の県有地を借用し、馬の放牧を開設
昭和26年:県営牧場放牧条例を制定
   30年:「八ヶ岳地区集約酪農地域」に指定される
   35年:集約牧野改良事業に着手(〜36年)
   38年:小規模草地改良事業に着手(〜44年)
   43年:県営八ヶ岳牧場設置及び管理に関する条例を制定
   45年:肉用牛生産基地として、「肉用牛繁殖育成事業」を開始
   49年:八ヶ岳牧場本場建設工事(団体営草地開発整備事業)に着手(〜54年)
   51年:八ヶ岳牧場本場完成、既設の牧場を天女山分場と改称
   52年: 財団法人山梨県子牛育成協会を設立(山梨県出損金1千万円)
        牧場管理部門の一部を協会に委託
   53年;天女山分場整備(団体営草地開発整備事業)に着手(〜57年)
   60年:「県営八ヶ岳牧場」を「県立八ヶ岳牧場」と改称
       牧場管理業務を協会に全面委託
平成元年 :まきば公園建設と天女山分場整備(公共牧場機能強化事業)に着手(〜6年)
    5年:まきば公園管理業務を協会に委託
    6年:県立まきば公園設置及び管理に関する条例を制定
        「県立まきば公園」開園
    9年:まきばの郷整備事業(草地畜産活性化特別対策事業)に着手(〜13年)
   12年:堆肥化処理施設本格稼働
   13年:周年預託業務開始、堆肥(まきばのめぐみ)の販売開始
   18年:県立八ヶ岳牧場(〜22年)及び県立まきば公園(〜20年)の指定管理者に指定
   21年:県立まきば公園(〜25年)の指定管理者に指定更新
   23年:公益財団法人に移行認定・登記
       県立八ヶ岳牧場(〜27年)の指定管理者に指定
   26年:県立まきば公園(〜30年)の指定管理者に指定