公益財団法人 山梨県子牛育成協会
 
 事業趣旨
当協会は、平成17年度までは県から管理委託を受けて県立八ヶ岳牧場管理業務、及び県立まきば公園管理業務を行ってきたところである。平成18年度以降は、県の指定管理者制度導入に伴い、八ヶ岳牧場は5年間、まきば公園は3年間の基本協定に基づく業務を行うこととなった。八ヶ岳牧場については、利用料金制度を導入した中での業務となっており、指定管理者として、県民サービスの向上に努める。また県立まきば公園管理業務は指定管理者として、平成20年度まで管理した実績と管理運営の意欲が高く評価され引き続き平成21年から5年間指定管理者に指定された。
さらに、平成22年度からはBSE特別対策措置法に基づく死亡牛焼却処理業務を受託することとなった。
今後とも、職員の研修・研鑽に一層務め、平成18年度協会が作成した経営計画並びに事業運営合理化計画に基づき、より効率的な管理運営と経営の安定を図りながら本県畜産の振興に寄与すると共に、まきば公園では動植物とのふれあいを通して県民にうるおいとやすらぎの場を提供しながら畜産に対する理解醸成に努める。